2006年12月

沈埋函 打設管理システムの導入(福岡県)平成18年10月

製作中のトンネル内部
 福岡県北九州に位置する沈埋トンネル2号函の
製作工事において、特殊コンクリートの品質・運行管理を
目的とした打設管理システムが導入されました。

 これまでは、無線や携帯を使用して、逐次現場と工場間で
連絡を取り合うことで行っていましたが、PCネットワークを
構築することにより、運行中の生コン車の動静が事務所で
確認でき、廃棄コンクリート数量の抑制、データ処理の省力化に
つながるという点が評価されました。

>>「沈埋函 打設管理システムの導入(福岡県)平成18年10月」の続きを読む

コメント (0) | trackback(0) | posted by beluga. |  造成