経年

産業廃棄物処分場残容量測定工事 平成18年4月〜5月

計測状況
 産業廃棄物処分場の埋立残容量を把握するため、当該
処分場の深浅測量を実施しました。

 測量区域は26万uで、処分場測定計測は、測量船に
RTK-GPS、ナローマルチビーム測深機および3Dレーザ
スキャナを搭載して行われました。

>>「産業廃棄物処分場残容量測定工事 平成18年4月〜5月」の続きを読む

コメント (0) | trackback(0) | posted by beluga. |  経年

施設点検調査(宮城県)平成17年6月

67_01.jpgケーソン混成堤部分の被覆工・根固工の移動・散乱および捨石マウンドの沈下などの状況を把握するため、ナローマルチビーム測深機により水中部の状況調査を行いました。

計測状況:

>>「施設点検調査(宮城県)平成17年6月」の続きを読む

コメント (0) | trackback(0) | posted by beluga. |  経年

Sダム深浅測量(静岡県) 平成16年12月

65_01.jpgSダムの地形測量を行いました。調査面積=7,046,172u、流芯延長=25kmという広大でかつ狭隘なダム測量では、慣性航法システムと基準局の設置が不要である、StarFireシステムが活躍しました。

慣性航法は、GPSによる位置データと慣性センサーのデータを融合することで、GPSによる位置データが
途絶えたときでも、高精度な位置データを出力するシステムです。

>>「Sダム深浅測量(静岡県) 平成16年12月」の続きを読む

コメント (0) | trackback(0) | posted by beluga. |  経年

東京湾口航路第二海堡現況調査(千葉県)平成16年8月

第二海堡の整備計画の基礎資料とするため、ナローマルチビームによる計測と航空レーザーによる計測資料を用いて、構造物外形の把握を行いました。


>>「東京湾口航路第二海堡現況調査(千葉県)平成16年8月」の続きを読む

コメント (0) | trackback(0) | posted by beluga. |  経年

処分施設建設工事(神奈川県)平成13年5月〜

59_01.jpg当建設工事に伴い、毎月深浅測量を行っております。
下図は2002年12月と1年後の2003年12月のデータを比較したものです。
データを蓄積し差分を表現することにより、例えば航路などの堆砂・侵食状況の把握ができ、
適切な対策を検討する上での資料になると考えます。

>>「処分施設建設工事(神奈川県)平成13年5月〜」の続きを読む

コメント (0) | trackback(0) | posted by beluga. |  経年

Sダム堆砂量測量(岩手県)

38_02.jpg
 平成13、14年と2年連続でこの自動ベルーガシステムを用いて湖底地形の調査を行いました。
 調査区域(測量エリア)は、約3,000,000u(平均水深10.7m)であり、平成13年の測量では、10%にとどまったのに対し、平成14年の測量では、全体の60%を自動ベルーガで測量しました。

>>「Sダム堆砂量測量(岩手県)」の続きを読む

コメント (0) | trackback(0) | posted by beluga. |  経年
コメント (0) | trackback(0) | posted by beluga. |  経年