G空間EXPOに出展しました

会場の様子12010年9月19日(日)、20日(月・祝)、21日(火)の3日間にわたってパシフィコ横浜にて開催されたG空間EXPOにTeamBelugaが出展しました。

特に海底や湖底の地形計測を無人の小型船が自動で測深を行う自立航行型測深システム「自動ベルーガ」は、ヤマハ発動機との共同開発により、ワンボックスカーで運搬できるほどのコンパクトな形状となって登場しました。
観測船はヤマハ発動機の開発した「OT91」。小型化したマルチビームソナーを搭載し、水深30mまでの場所の計測を想定しています。

会場の様子2ブースにもたくさんの方々にご来場いただきました。
まことにありがとうございます。

出展参加者



画像をクリックすると拡大してご覧いただけます。

ベルーガディープ自動ベルーガ深浅測量システムを活用した埋立・層厚管理
NaviPac沿岸漁業におけるマリンブロードバンドの活用 


【システム展示】
Beluga Deep | 自律航法測深ボート[自動ベルーガ] | NaviPac | Blue View + Video Ray

【ソフトウェア展示】
Beluga Surveyor | Beluga Analyzer

【パネル展示】
電池推進船らいちょうI(東京海洋大学) | 沿岸漁業におけるマリンブロードバンドの活用(はこだて未来大学・東京農業大学) | 深浅測量システムを活用した埋立層厚・沈下管理 | Team Belugaの紹介

posted by beluga. |  TOP NEWS